MENU

一ヶ月?一年?適切な復縁のタイミングとは?

復縁のタイミング

 

別れてから、相手の大切さに気づき、復縁したいと思う方は多いのではないでしょうか。
しかし、感情のままにすぐ復縁を迫っても、逆効果になってしまい、ますます関係が悪化してしまう可能性もあります。

 

別れてしまってから、復縁できるまで、少なくとも3ヶ月、一つの季節が終わるくらいまでは、距離を置いた方が良いのかもしれません。
また、別れたときのケースによっても、その時期は変わってくるようです。

 

 

それぞれの適したタイミングとは

あなたが振られた立場である場合

相手からの信頼や、愛情が薄れてしまっている可能性があるので、3ヶ月以上の冷却期間は必要になります。
これは、相手の気持ちの変化を待つ期間というより、あなたが以前と変わる為の期間です。

 

このケースの場合は、破局した原因をはっきりと究明しておく事が重要です。
そのようなことにならないように、しっかりと自分を見つめなおし、彼と会う日までに成長しておきましょう。

 

あなたが振った立場である場合

こちらが振った側であれば、復縁をすぐに持ちかけても上手く行くだろう、と思っている方もいるかもしれませんが、振られた事で相手は必ず傷ついています。

 

この場合も3ヶ月ほどは距離を置いて、相手の傷がいえるのを待ちましょう。
もし時期を待たずに復縁を迫ってしまうと、「自分勝手な人」だと思われ、信用をなくし、逆に嫌われてしまうかもしれません。

 

 

冷却期間後のアプローチ

適切な期間を置いてから、まずはメールをしてみましょう。
その反応により、もう少し時期を置くか判断する事が出来ます。
もし、良い反応であれば、少しずつメールの回数を増やしていきましょう。

 

そこから、何かのイベントに誘ったりするさり気ない理由で、二人で会う機会を作りましょう。
そこまで上手く行けば、会う回数を増やし、復縁のタイミングを待ちます。

 

復縁を成功させるポイントは、長い期間をかけて、関係を少しずつ再構築していく事です。
気持ちが先走って、急ぎ過ぎないように気をつけるようにしましょう。

 

 

おわりに

普通の恋愛とは違い、復縁のチャンスは、一度きりだと言います。
タイミングは、早すぎても、時間を置きすぎても失敗してしまいます。

 

それを見計らうには、自分の気持ちだけを大切にするのではなく、相手の気持ちになって考えてみることです。
冷静になって、別れた原因になった事や、彼の現在の状況や心情などを考え、適切なタイミングで復縁の為に動きましょう。

復縁体験談