MENU

音信不通の彼氏との復縁を叶えるメール内容テクニック

 

彼から前触れもなく振られること、とても辛いことです。
哀しみはやがて復縁したいというかすかな希望にすがりつく形で気力がわいてきます。

 

しかし、復縁は手当たり次第に行動を起こせば成せるものではありません。
彼の心をよく読み、彼の気持ちを汲み取り、彼の立場に立った行動が復縁を成功させる可能性を高めます。
音信不通になってしまった彼とよりを戻す為のツールとしてのメール、どのような文面を送るかによって復縁の可能性の高さは決まります。

 

以下に文例を挙げたので参考にしてみて下さい。

 

 

NGなメール内容

 

限りなく復縁を遠ざけるNGメールは、彼を追い詰める系のメールです。
ストレートに寄りを戻したいという一方的なメールは彼の心を更に引いてしまう要因になります。

 

「なんでメールくれないの?寂しいし会いたい。」
「嫌いにならないで、何でも言う通りにするからお願い。」

 

こういったメールは、元彼が自分を振った原因を根本から理解していないことが伝わり、元彼に不快感を持たせます。
そうしてしつこくせまればせまる程、元彼の気持ちは更に冷めてうんざりしたものとなるのです。

 

 

清清しい好感の持てるメール内容

では、元彼の意思で返信をしようと思うメール内容とはどのようなものなのでしょう。
それは元彼が別れを決めた理由をきちんと受け止めたメールです。
そして更に自らを振り返り、謝罪の意を伝えるような誠意のあるメールです。

 

「今まで自分本位であなたを苦しめるような行動ばかり取っていました、本当にごめんなさい。
別れの理由を知らされるまで気がつかなかった私は、あなたのことを理解出来ていなかったし、あなたを孤独にさせていました。
あなたとの思い出は辛いことも含めて楽しいことも一杯で、私の全てでした。
私の支えとなってくれて、いつでも励ましてくれたあなたを失うのは悲しいけれど、今は一人で頑張る時なのかもしれません。
今までありがとう、あなたの幸せを遠くから祈っています。
さようなら。」

 

これは、最後の「さようなら」の一文が決めてとなっています。

 

ここできっぱり割り切っているからこそ、相手も警戒することなくこのメールを素直に受け止めてくれるはずです。
そこから冷却期間を経て、ステップアップとなる可能性もなきにしもあらずです。

 

 

音信不通期間が長い場合

音信不通期間が長い場合、メールでいきなり相手の近況をあれこれ聞きだし返信を求める内容はNGです。

 

「最近どう?私は今習い事にはまっています。
もし暇だったら会いたいな、返信下さい。」

 

このように、別れたというのに何事もなかったかのように返信を求めるようなメールは相手にプレッシャーを与えるうえにまだ未練があるのかと警戒心を持たせます。

 

「元気かな。
ちょっと聞きたいことがあるんだけど、先生の携帯番号が変わったみたいで知っていたら教えてくれないかな。
忙しいところごめんね。」

 

このようなさらりと返信を求める内容のものであれば警戒心を与えません。
共通の知人を引き合いに出すのも一つの方法です。

 

 

復縁出来るいくつかのメール例文、参考にしつつ自分のカラーを出して彼の気持ちを取り戻して下さい。

復縁体験談